「ハロー(波浪)注意報」

「聞き流す だけで覚える英会話」ならぬ、「聞き流す だけで終わった英会話」だったんでしょうか?
安倍明恵夫人がトランプ大統領から「ハローも言えない」とけなされた。
一方で、「いや、そんな事はない、流暢なスピーチで演説をしている」と擁護する向きもあるが、そうそう、前にこんなことを聞いたことがある。
日本人が英語でスピーチをしたら、それを聞いていたアメリカ人が隣りのイギリス人に、「日本語って案外英語に似ているんだね」だって。
それから、社長が外国人との別れの際に「ワンプリーズ」と言ったので、秘書が「社長、さっきの『ワンプリーズ』ってどういう意味ですか?」と聞くと、社長の答え、「ひとつよろしく」だったそうな。

ここで私なりの考えを申し上げると…
明恵夫人といえば籠池さんの思いに感動し、森友学園の名誉園長になったのだった。
にも拘らず、色々な問題が出て来ると、今度は「知らぬ存ぜぬ」と国会参考人を拒否して逃げ回っている。
だから、トランプさんに言われたのだと思う。
ファーストレディだったら、いつでもどこでも国民に「こんにちは」と言うべき立場なのに、逃げ隠れして「こんにちは」も言えない彼女を見て、トランプさんは敢えて「ハローも言えない」と言ったのだろうと、推察してるんですけどねっ?。

そういうトランプさんも「地球温暖化」に逆行する政策を奨め、やがては当地で有名な海水浴場も水没してしまうだろうと懸念されている現状なのだ。

昔は聞いたこともない「ゲリラ豪雨」だ「爆弾低気圧」と自然災害も後を絶たず、「愛は地球を救う 24時間テレビ」も今では「愛は地球を すくい投げ」だ。
本来「地球は人間に優しかった」でも「人間が地球に優しくない」、だから地球が怒ってるんじゃないかと私は思う。

瞬間最大風速も、時に30メートル、50メートルだとトンデモナイ突風に脅かされいる日本列島。
だから良くあるのがこれだ。
「トタンが飛んで来たので、それをよけたトタンに、つまづいてコロンで怪我をする。
中でも気をつけないといけないのは、突風で隣りの奥さんの下着が飛んで来た。それを親切心で元に戻している所を見られたら大変よ〜っ。やったことある人は分かると思うけど…。
一生「下着泥棒」ってレッテル貼られちゃうからね、
「ムムム〜ッ」

てなことで、明恵夫人にとってはこれからも「世間の風当たり」ばかりか、「自然の波風」も激しくなると思うので、しばらくは「ハロー(波浪)注意報」にご注意をと進言したい私です。

追伸 「当ちゃんがリストラされて かすみ草」
   「ハローワーク ここでも良いから仕事くれ」


スポンサーサイト

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

スマホで黒板撮影してデータ保存

地元に大学がある。
ところがそこに通う学生たちは、手ぶらで半ズボンにビーチサンダル。
あれ〜、彼らは本当に大学生なの?と思う毎日である。

その昔、宮沢賢治は学校の先生をしていた時、生徒にノートは取らなくて良いから全身で聞いてほしいと言って、神社の前に行って鳥居のしめ縄の話や、田んぼに行ってお米の出来るまでのお話をしたと言う。
とすれば、今の大学生もその教えに従いノートも必要ないということか。

さてその一方では、さして記憶力もないお大臣様はメモも取らずにそんなことは言ってないと言い張っている。
どうみても獣医師会の方が正しいと思える議事録が、誤りだというトンでもないコメントに加え、役人も役人、チャチなメモだから捨てちゃたの弁。
恐れ入谷のコンコンキチ、いや鬼子母神ですよ。

「末は博士か大臣か」と人生に大きな夢を抱いて一生懸命努力して、やっと大臣様になったのにさ。
その信頼性のない言動は日本中の笑い者だし、地元の支持者にとってはマコト恥ずかしい思いではないかと拝察申し上げるところだが、さて次の選挙に「タダの人」にならなければと、ひたすらお祈りするばかりです。
なぜなら、ご当地にもそんな方がおりましたもん。地元後援者に呆れられてはとのご忠告ですがね。

稲田くんにしても同じことが言えそうだ。
「あんたら司法試験に合格してないでしょ」と部下役人を見下す言葉を発したとの話だが、そうなると今度は四方八方から鉄砲の弾が飛んできまっせ。
そんな自己防衛も出来ない防衛大臣ではさ? これからどうなるもんか、じっくりと見てみたいと隣りの源べいさんが言ってましたよ。
ところが、メモがなくても「I Tデータ」があった例もありましたよね。

そんな事もあってか、最近の学生はメモならぬノートも取らずにスマホで黒板を撮影しているそうな。
そしてデータで保存している。
なるほどだから今の大学生は「手ブラ」なんだ。

こうなったら山本幸三さんや稲田のトモちゃんに教えてやりたいよ。
今は「スマホ」って便利なモノがありますって。

かつて「ノートは取らなくていい」と言った宮沢賢治さん、今頃どんな思いでいらっしゃるんでしょうね。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

『正露丸』より『グリナ』


今日はいわき市の三和町という所でお話をして来た。
ばあちゃん達18人。
ここは10年前から今回で6回目の生き生きデイサロンなのだが、女三人寄れば姦しいというが、これに老偏を付けると「やかましい」というほど元気なばあちゃん達。
「あれ? 先生 前より若くなったんでね〜の」なんて冷やかされるほどのお馴染みさんでもある。

さて、この三和町には過去に、総裁選の最中、福田康夫氏が来たことがある。
下永井という山間部だが、「どうして下永井なの?」の問いに、
「秋口、日も長い(下永井)から…」と。
「じゃあ、上永井にも寄るんだろう」とみんなで待っていたら、なんと素通りして「スパリゾートハワイアン」の「髪長い(上永井)お姉ちゃん」に会いに行っちゃった。「あれ〜っ」
そこでフラガールにレイをかけられ「ありがとう」と言ったので、あの方は総理大臣になっのだ。と、私は今でも思っている。

そんな私は毎晩、9時には寝る。
そして夜中の2時頃に一度目が覚めて、明日は何を話すかネタ作りをする。
これが4時〜5時頃まで考えて、少しは脳を休めて寝ようかなとするとこれがまた次から次へとネタが押し寄せて眠れない。
先週は火・水・木・金の4日連続だったので、家を出る頃には朦朧としていて「大丈夫かいな」とチト不安な4日だった。
それでも会場に着いてから、冷水でしぼった濡れタオルで顔を拭いて脳の覚醒をさせてから話に入った。

そこで考えた。
三遊亭好楽さんの推奨する睡眠サポートサプリメント「グリナ」なるモノのサンプルを500円で取り寄せた。
早速、効能を期待して飲んだのだがさっぱり眠れない、どうしてだろうと思ったら「これを飲むとグッスリ眠れる」と思ったら嬉しくて眠れなかったのだ。
「なんて〜こった」。

そして思い出した。
♬ 新兵さんは泣くのかな〜 また寝て泣くのかな〜 ♬
これは戦地に赴いた兵隊さんの「就寝ラッパ」のメロディーで、これに涙する新兵さんの心の悲哀を表したものだと、子どもの頃に思った。
これは進軍ラッパであったり、起床ラッパであったり、そのメロディーひとつで指示する誠に便利なモノである。

その兵隊さんのラッパがトレードマークの正露丸は、かつて日露戦争に行った兵隊さんに持たせたものだ。
昔は「征露丸」だったという。
これはロシアを征伐するという意味だったと聞いたことがあるが、今では行人偏をとって正露丸にしたという。

ところが自民党の二階幹事長が、『米民主党幹部に正露丸「ロシア疑惑」を征伐?』のニュースがあった。
米国を訪問して民主党のチャック・シューマー上院院内総務と会談した際、お土産としてこの「正露丸」を渡す場面があった。
正露丸の名前の由来には、前出のようにロシアを征伐するという意味があるのだが、さてトランプ政権の「ロシア疑惑」を追及する野党・民主党に効き目が出るだろうか、その真偽のほどは分からないが、こんなことをしては二階さん、誤解されはしませんか?。誤解されると厄介でっせ。

本来なら、日米同盟のような支持率低下と、ロシア疑惑に枕を高くして眠れないトランプ大統領にこそ、私の奨める『グリナ』をお土産にした方が良かったんじゃないでしょうか?。さすれば誤解もされずに正解だと思うんですけんどね〜。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

ファーストレディ=THIS IS MY AKKKIY

自民党の都議選の惨敗を「THIS IS 大敗」と称した大臣がいらした。
さもありなん。
そもそもここに至ったのは、『森友学園の名誉園長』になられた、あのお方に起因しているのではと私は思う。

だから、あえて時をずらして申し上げるのだが、『 THIS 』に 総理の愛妻アッキー『MY AKKIY』夫人を加えて
『 THIS IS MY AKKIY 』ではないかと思い、その根拠を私なりの判断でご披露したいと思います。
T:豊 田
H:萩生田
I: 稲 田
S: 下 村

I :今 村
S :菅

M:松 野
Y:義 家

A:安 倍
K:加 計
K:金 田
I :和 泉
Y:山 本
みんなで誰かさんを忖度して、「有るものが無い、無いから無い、捨てた、記録に無い、記憶にも無い」と、平気で嘘を言っている。誰が見てもその姿が有り有り。
文科大臣そんなことで子ども達の教育に悪くないですか?

森友・加計問題以来、永田町のモリソバ・カケソバがあまり美味しくないらしい。ましてや海苔弁にいたっては、食べるとそれでなくとも黒い腹が真っ黒になるやの話。
やがて政界に、秋(アッキー)風が吹いて落ち葉が舞うのもそう遠くはないのかな?と隣りの源べいさんが言ってますけどね。

「掃けば散り 払えばまたも散り積もる 人の心も庭の落ち葉も」:これは総理いや掃除小僧の詠んだ歌ですって。



テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

「オレの名前は印籠代わり、迷わず地獄に落ちるがいい」

『閉会中審査、質問時間配分で対立?』
 自民、民進両党の国対委員長が「加計学園」問題を安倍首相が出席する閉会中審査について協議した。
与党と野党の質問時間の配分について、民進の山井和則国対委員長は通常の予算委員会通り「2対8」を要求したのに対し、自民の竹下亘国対委員長は「5対5にしない限り開催は拒否する」と反発した。

さて、自民党は「何ら疑惑は無い」と言っているのに、その疑惑解明に自民党がなぜそんなに時間がほしいのか?
「そこんところが さっぱり分からんッ!」とは隣りの源べいさんの弁だが。

この期に及んで尚、竹下氏の国民の不信を買う言動の羅列。
総理が言う「ひとつひとつ丁寧に」とは、国民に対して説明をするということだ。
なのにナゼ自民は5割りも欲しいのか。

危険水域と言われる3割を切った支持率でも、何らの反省も見せず今なお国民を愚弄する魂胆は明々白々。
「明々白々」は疑惑が解明された時に使う言葉。

そんな中、私は毎夕方、晩酌がてら里見浩太朗さんの時代劇「長七郎江戸日記」を観ている。
それもテレビの2画面で。
この時代劇と時同じく流れる各局のニュースは「加計疑惑」なのだ。
いつの時代にも『悪』はいるものだと併せて観ているのだが、そんな時、加計での疑惑の張本人とそれを取り巻く何人かの記憶も記録も無い(それで良く政治が出来るな?と思われる)御仁の言動、振る舞いのちょ〜どその時、長七郎君の名ゼリフ「オレの名前は印籠代わり、迷わず地獄に落ちるがいい」とバッタバッタと悪人どもを切り捨てる。
なんと痛快痛快、「スカッとジャパン」の瞬間だ。

いつも思うのだが、今の時代には水戸黄門様や鬼の平蔵さんや遠山の金さん達のような、世直しする立派な立派なお方がおらんのか、誠に残念である。
そう言えば、我が福島県には「政界の黄門様」と言われたお人がいたが、今頃は一体どうしているんでしょうね。

因みに、私の2画面で観るテレビの割合は「5対5」であることも付け加えておきますね。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

百笑溢喜

植松泰宏

Author:植松泰宏
百笑溢喜のブログへようこそ!
多彩なジャンルで思いのままに書いてみたいと思います。
普段も色々な所で「笑いの出前」をしています。
そこらの笑いと違って「爆笑90分」の口演は他に類を見ない健康笑いで、90分口演なら6回はお話し出来る豊富なネタを持ち、市の生涯学習プラザで全5回の「笑い塾」を開催します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR