スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレるほど 頭(こうべ)を垂れる 神戸製鋼の会長・社長

秋になると、"桐一葉  落ちて天下の 秋を知る" の句を思い出す。

このところの天気の移り変わりには、いささか戸惑いを感じている私だが、女ごころと秋の空か「いや新しい判断だ」という「安倍のこころ」か。
冬型の気圧配置は「西高東低」と言われる、大儀なき解散でタダの人になった元議員さんは「声高頭低」で連日ガナリまくっている。

「実るほど 頭をたれる 稲穂かな」と周囲の田圃は黄金色いっぱいだが、実らなくても頭を垂れなければならない候補者もいて「選挙カー こちらもウソの 手を振って」の感は否めない。
23日になると「落選の ポスター 今も笑ってる」てな光景も見られそうだ。

さて、時同じくして頭を「垂れてる人」が神戸製鋼の社長だ。
前川清さんの ♬長崎から船に乗って 神戸で吐いた〜♬ という歌(?)があるが、遂に神戸製鋼の社長も吐いた。
会社ぐるみの余りにも酷い改ざん・隠ぺいは、遠く地球の裏まで及んでいるとは、全くもって許しがたい。
かつて、謝罪会見で「会社ぐるみではありません、個人ぐるみです」と訳の分からない言い訳をした方がいたが、今回の不祥事はグループ企業まで巻き込んだと聞くと、さぞかしグルミグルミで精巧(製鋼)に、しかも綿密に計算された上層部の悪巧みであったろうか?。
「断罪は免れないだろう」と隣りの源べいさんが言ってます。

因みに、"桐一葉  落ちて天下の 秋を知る" とは、栄華を誇った豊臣家の滅亡を予期し、側近の片桐勝元が詠んだと言われているようで、つまり「大きな勢力がつぶれて新しい時代を知るという意味」と解説している方がいましたが、この句に当てはめると、私が思うに、栄華を誇った「安倍一強政治」「神戸製鋼」がつぶれ、新しい時代が云々…てなことかと、チト気になる寒〜い寒い10月14日です。

明日は「神谷公民館まつり」の総合司会をするのだが、寒空に小雨まで降る最悪のコンディションの今、地区の区長さん達は、テント張りをしている頃である。
今夜は早めに、熱燗の「日本晴」で「お天気まつり」をしようと思っている私です。
スポンサーサイト

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

借金を残され「子苦難突入解散」で〜す

安倍総理は「国難突破解散」というが、自作自演の「国難」危機に違和感とおっしゃるのは半藤一利さん。

かつて、安倍総理は「消費税の8%は据え置く」として国民の信を問うた解散だった。
今度は「10%に増税して増収財源の使い道を、借金返済から幼児教育の無償化など教育、子育て支援に充てる新しい判断だ」等など能書きは語るが、本当のところ「森友加計疑惑隠し」の解散でしかない。

そこで、借金返済を少なくするということは、後の世代に借金を残すということであり、むしろ「子苦難突入解散」ではないか。
小池さんにも大いに期待したいが、さて「希望の党」になるのか「絶望の党」になるのか、今日只今のところ混沌としていてさっぱり先きが読めない、困ったな〜!。

さて、ここで一息次いで、下記の文章を頭からとお尻から読んでみて下さいな。
「わるいかこくなしよおひぜいぜひおよしなくこがいるわ」お見事!!。
これは、80過ぎのお婆さんが作った回文です。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

金婚のお祝いを「再婚ではダメなんですか?」

『夏は涼風 冬雪降らず 華の東京へ3時間』とは、いわきの湯本小唄の一節である。
ことほど左様に、ここいわき市は夏は涼しいし台風は来ない、冬とて雪は滅多に降らない「東北の湘南」と言われるとても住み良いまちである。

昨夜、日本海側を通過した台風18号も、少し強めの雨風程度でさしたる被害もなく、一夜が明ければ、台風一過、青空が広がり、日差しも強くひと頃の暑さをぶり返している。

さて今日は、『敬老の日』。
新聞を広げると、金婚を迎えた友人知人の名前もそこここに見られ、それぞれに思いを致し、「みなさんおめでとうございます」と誌面にお祝いの言葉を送った。

その記事の中に、金婚を迎えた方が詠んだ歌があった。
『貧しさを共に歩みて五十年 今報われる子等の言葉に』。
そして今、孫からお祝いが届いた、『万年新茶とようかんとメッセージ』が。

私も再来年金婚を迎えるが、それまでは何としてでも心身ともに健やかでその時を迎えたいと願っている。
今年もいわき市から敬老会の招待状が来た。
でも、客席で難しい話を聞かされ、人様の表彰式を見るだけで帰って来るには余りにも空しい。
だから私はいつも思う。
客席ではなく、ステージから参加するなら喜んで参りますと…、でしょう?

だって、この12日から16日まで5日間連続で、市内各地域の敬老会で、私が笑いを届けて来たんですよ。
明日は、いわき市の老人ホームに行きます。
ただ、笑いは感性と理解と心開かないと笑えません、で余り難しい話が出来ないのが悩みのタネ、こんな時にはマジックを入れながらそれなに45分努めて来たいと思っています。
もっともここは、3回呼んで頂いているので、先方さんにもその価値観は認めて頂いているので、さしたる心配はしない私です。
例えば
「むか〜し昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでおりました。昔はある所に住んでたんですよ、今は至る所に住んでます」と…言うと大体は爆笑です。
9月15日発表で、いま日本に百才以上の方、67,824人いるんですよ…。去年が65,692人、その前が61,568人……とこれまで15年の数字をぜ〜ん部覚えているのを羅列するんです。み〜んなビックリします、そして最後はに呆れて笑ってくれています。
このネタを続けて行くと、あっという間の1時間。なんのなんの!
そして明後日もある公民館で、敬老会講演です。

そうそう、金婚のお祝いを「再婚ではダメなんですか?」と聞いたお爺さんがいたそうだけど、そりゃ〜ダメでしょね。

  つづく〜

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

台風15号の名前が『サンゴ』ですって!なぜ?

 私の口演で、あまり笑いの分からない方のために、最後の10分ほどマジックを入れることにしている。
なぜなら、周りが笑っているのになぜ面白いのか、理解出来ない人にとっての90分は苦痛以外の何ものでもない。
そんな方への思いやりでもある。

そのマジックの中にカード4枚使用するトランプマジックがある。
本来、トランプは4種類(ハート・ダイヤ・スペード・クローバー)あるのだが、私のマジックは三種類でダイヤがない。
さて、同じトランプでもアメリカのトランプさんにはハート(心)がないと言われた。でもハートはあった。
それが今度の、大型ハリケーンで被害を受けたところに1億円の寄付をなさると言う。エライ!
これが、日本の政治家も同じように出来るかと言うと、それが出来ない、いや自ら出来ない仕組みにしている。スゴイ!

海の向うのアメリカではタイフーンなら、日本では大型で強い台風15号が北上中である。
この15号は、次第に速度を速めて日本の東の海上を北上する見込みで、本土上陸がなかったのは幸いした。
台風が大型のため、中心から離れた地域でも風が強く、波も高くなりそうだと注意を喚起していたが、今のいわきは雲ひとつない台風一過の快晴である。

そこで、台風には名前が付けられるそうだが、今回の台風15号には下記のような要件で『サンゴ』と命名された。
 名   前:Sanvu(サンヴー=サンゴ)
 意味と由来:珊瑚(サンゴ)
 命 名 国:マカオ
 発 生 日 時:2017. 8. 28 PM3:00
 発 生 場 所:マリアナ諸島
   ……なんだそうです。

そこで、私「百笑溢喜」がどうして「サンゴ」なのか独自の研究で、なるほど、サンゴ十五(3×5=15)だから、という結論に達しました。
そういえば、あの「桂文枝さん」も、去年だったか連続不倫騒動の一人としてマスコミの前で陳謝した。
その時彼は、女性との関係をマスコミは20年と言っているが、私は12年だと思います、なぜなら私は「文枝」になる前の「三枝」の時ですから」。
なるほど、その時も思ったのが「さんしじゅうに」つまり3×4=12年ということかと?。
さすがに関西を代表する落語家「桂文枝さん」だと思ったものです。

因みに、ここいわき市は『夏は涼風 冬雪降らず 華の東京へ3時間』という歌がありまして、殆ど台風は来ませんし、雪も降らない、東北の湘南と言われ最高の故郷です。
その故郷いわきでは、今後の命運をかける市長選が、今日告示され、各陣営今まさに出陣式の真っ最中で〜す。
さて、どんなマジックスピーチで市民の心を引き寄せられるか、これからの一週間が楽しみでもある私です。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

「備えあれば憂いなし」の勘違い

 〜昨日のつづき
熊本県で起こった大きな地震の原因は何ですか?
ユーラシアプレートとフィリピン海プレートのズレですか?、それとも断層が原因ですか?
と疑問を抱く方も多かろうと思うが、地震国日本はこれまでも、九州だ関西だ、新潟だ東日本だ、果ては北海道だ等々、お年寄りと同じで、昔はある所に住んでいたのに、今はい当たる所に住んでいるみたいに至る所で起きている。
ましてや南海トラフだ、直下型だと関係地域を震撼させているが、何処に起こるから分からないから始末が悪い。

そこで「地震の予知は出来ない」という学者さんがいる。
「地震が起きるプロセスは『複雑系』で、いつどのように発生するか予測するのは不可能。
例えば鉛筆を両手で曲げると、そのうち折れるが、いつ、どのような折れ方をするか分からない。
鉛筆ですら予測できないのに、地球の中のことがどうして簡単に分かるのか。

ロバート・ゲラー東大教授は、大きな地震は日本全国どこでも起こりうるので、予知や特定地域の防災対策に偏る法的な根拠となる大震法について「すぐに撤廃すべき」と訴えている。
加えて「東海、東南海といった特定地域偏重の防災対策も是正すべきである」と指摘している。

著書では、誰が「地震予知を国家プロジェクト」にするおぜん立てをしたのか、『東海地震』という言葉は予算獲得のための方便として万能の力を発揮してきた」と指摘。
例として、防災名目で東海地域に1兆円以上の公共事業が重点配分されてきたことをあげている。
ゲラー氏は「できもしない地震予知に投じる予算があるなら、護岸工事、耐震補強、防災教育など国民の生命、財産を守ることに回すべき」とも。
この渾身の訴えを新政権は受けとめられるか。
ということは、今の「地震予知連」は地震の予知など出来やしないということで、予知をする「自信(地震)」がないばかりか、まだまだ「ヨチヨチ」歩きだ、ということのようだ。

昔から言う「備えあれば憂いなし」の一言に尽きるのだが、これをトンダ勘違いしている輩が多い。
それは、今マスコミを騒がせている「ゲス不倫」の数々。
一人で充分だろうに、もう一人ということは「備えあれば憂いなし」とでも思っているんでしょうかね。

幾つか勘違いの例を列挙すると…
「一心同体」を「一杯どうだい」
「障らぬ神に 祟りなし」を「サワラにカニにタタミイワシ」
「背に腹は 代えられぬ」を「銭払わにゃ 帰られぬ」
まだまだありますが、今日はこれまで。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

百笑溢喜

植松泰宏

Author:植松泰宏
百笑溢喜のブログへようこそ!
多彩なジャンルで思いのままに書いてみたいと思います。
普段も色々な所で「笑いの出前」をしています。
そこらの笑いと違って「爆笑90分」の口演は他に類を見ない健康笑いで、90分口演なら6回はお話し出来る豊富なネタを持ち、市の生涯学習プラザで全5回の「笑い塾」を開催します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。