金婚のお祝いを「再婚ではダメなんですか?」

『夏は涼風 冬雪降らず 華の東京へ3時間』とは、いわきの湯本小唄の一節である。
ことほど左様に、ここいわき市は夏は涼しいし台風は来ない、冬とて雪は滅多に降らない「東北の湘南」と言われるとても住み良いまちである。

昨夜、日本海側を通過した台風18号も、少し強めの雨風程度でさしたる被害もなく、一夜が明ければ、台風一過、青空が広がり、日差しも強くひと頃の暑さをぶり返している。

さて今日は、『敬老の日』。
新聞を広げると、金婚を迎えた友人知人の名前もそこここに見られ、それぞれに思いを致し、「みなさんおめでとうございます」と誌面にお祝いの言葉を送った。

その記事の中に、金婚を迎えた方が詠んだ歌があった。
『貧しさを共に歩みて五十年 今報われる子等の言葉に』。
そして今、孫からお祝いが届いた、『万年新茶とようかんとメッセージ』が。

私も再来年金婚を迎えるが、それまでは何としてでも心身ともに健やかでその時を迎えたいと願っている。
今年もいわき市から敬老会の招待状が来た。
でも、客席で難しい話を聞かされ、人様の表彰式を見るだけで帰って来るには余りにも空しい。
だから私はいつも思う。
客席ではなく、ステージから参加するなら喜んで参りますと…、でしょう?

だって、この12日から16日まで5日間連続で、市内各地域の敬老会で、私が笑いを届けて来たんですよ。
明日は、いわき市の老人ホームに行きます。
ただ、笑いは感性と理解と心開かないと笑えません、で余り難しい話が出来ないのが悩みのタネ、こんな時にはマジックを入れながらそれなに45分努めて来たいと思っています。
もっともここは、3回呼んで頂いているので、先方さんにもその価値観は認めて頂いているので、さしたる心配はしない私です。
例えば
「むか〜し昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでおりました。昔はある所に住んでたんですよ、今は至る所に住んでます」と…言うと大体は爆笑です。
9月15日発表で、いま日本に百才以上の方、67,824人いるんですよ…。去年が65,692人、その前が61,568人……とこれまで15年の数字をぜ〜ん部覚えているのを羅列するんです。み〜んなビックリします、そして最後はに呆れて笑ってくれています。
このネタを続けて行くと、あっという間の1時間。なんのなんの!
そして明後日もある公民館で、敬老会講演です。

そうそう、金婚のお祝いを「再婚ではダメなんですか?」と聞いたお爺さんがいたそうだけど、そりゃ〜ダメでしょね。

  つづく〜
スポンサーサイト

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

台風15号の名前が『サンゴ』ですって!なぜ?

 私の口演で、あまり笑いの分からない方のために、最後の10分ほどマジックを入れることにしている。
なぜなら、周りが笑っているのになぜ面白いのか、理解出来ない人にとっての90分は苦痛以外の何ものでもない。
そんな方への思いやりでもある。

そのマジックの中にカード4枚使用するトランプマジックがある。
本来、トランプは4種類(ハート・ダイヤ・スペード・クローバー)あるのだが、私のマジックは三種類でダイヤがない。
さて、同じトランプでもアメリカのトランプさんにはハート(心)がないと言われた。でもハートはあった。
それが今度の、大型ハリケーンで被害を受けたところに1億円の寄付をなさると言う。エライ!
これが、日本の政治家も同じように出来るかと言うと、それが出来ない、いや自ら出来ない仕組みにしている。スゴイ!

海の向うのアメリカではタイフーンなら、日本では大型で強い台風15号が北上中である。
この15号は、次第に速度を速めて日本の東の海上を北上する見込みで、本土上陸がなかったのは幸いした。
台風が大型のため、中心から離れた地域でも風が強く、波も高くなりそうだと注意を喚起していたが、今のいわきは雲ひとつない台風一過の快晴である。

そこで、台風には名前が付けられるそうだが、今回の台風15号には下記のような要件で『サンゴ』と命名された。
 名   前:Sanvu(サンヴー=サンゴ)
 意味と由来:珊瑚(サンゴ)
 命 名 国:マカオ
 発 生 日 時:2017. 8. 28 PM3:00
 発 生 場 所:マリアナ諸島
   ……なんだそうです。

そこで、私「百笑溢喜」がどうして「サンゴ」なのか独自の研究で、なるほど、サンゴ十五(3×5=15)だから、という結論に達しました。
そういえば、あの「桂文枝さん」も、去年だったか連続不倫騒動の一人としてマスコミの前で陳謝した。
その時彼は、女性との関係をマスコミは20年と言っているが、私は12年だと思います、なぜなら私は「文枝」になる前の「三枝」の時ですから」。
なるほど、その時も思ったのが「さんしじゅうに」つまり3×4=12年ということかと?。
さすがに関西を代表する落語家「桂文枝さん」だと思ったものです。

因みに、ここいわき市は『夏は涼風 冬雪降らず 華の東京へ3時間』という歌がありまして、殆ど台風は来ませんし、雪も降らない、東北の湘南と言われ最高の故郷です。
その故郷いわきでは、今後の命運をかける市長選が、今日告示され、各陣営今まさに出陣式の真っ最中で〜す。
さて、どんなマジックスピーチで市民の心を引き寄せられるか、これからの一週間が楽しみでもある私です。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

「備えあれば憂いなし」の勘違い

 〜昨日のつづき
熊本県で起こった大きな地震の原因は何ですか?
ユーラシアプレートとフィリピン海プレートのズレですか?、それとも断層が原因ですか?
と疑問を抱く方も多かろうと思うが、地震国日本はこれまでも、九州だ関西だ、新潟だ東日本だ、果ては北海道だ等々、お年寄りと同じで、昔はある所に住んでいたのに、今はい当たる所に住んでいるみたいに至る所で起きている。
ましてや南海トラフだ、直下型だと関係地域を震撼させているが、何処に起こるから分からないから始末が悪い。

そこで「地震の予知は出来ない」という学者さんがいる。
「地震が起きるプロセスは『複雑系』で、いつどのように発生するか予測するのは不可能。
例えば鉛筆を両手で曲げると、そのうち折れるが、いつ、どのような折れ方をするか分からない。
鉛筆ですら予測できないのに、地球の中のことがどうして簡単に分かるのか。

ロバート・ゲラー東大教授は、大きな地震は日本全国どこでも起こりうるので、予知や特定地域の防災対策に偏る法的な根拠となる大震法について「すぐに撤廃すべき」と訴えている。
加えて「東海、東南海といった特定地域偏重の防災対策も是正すべきである」と指摘している。

著書では、誰が「地震予知を国家プロジェクト」にするおぜん立てをしたのか、『東海地震』という言葉は予算獲得のための方便として万能の力を発揮してきた」と指摘。
例として、防災名目で東海地域に1兆円以上の公共事業が重点配分されてきたことをあげている。
ゲラー氏は「できもしない地震予知に投じる予算があるなら、護岸工事、耐震補強、防災教育など国民の生命、財産を守ることに回すべき」とも。
この渾身の訴えを新政権は受けとめられるか。
ということは、今の「地震予知連」は地震の予知など出来やしないということで、予知をする「自信(地震)」がないばかりか、まだまだ「ヨチヨチ」歩きだ、ということのようだ。

昔から言う「備えあれば憂いなし」の一言に尽きるのだが、これをトンダ勘違いしている輩が多い。
それは、今マスコミを騒がせている「ゲス不倫」の数々。
一人で充分だろうに、もう一人ということは「備えあれば憂いなし」とでも思っているんでしょうかね。

幾つか勘違いの例を列挙すると…
「一心同体」を「一杯どうだい」
「障らぬ神に 祟りなし」を「サワラにカニにタタミイワシ」
「背に腹は 代えられぬ」を「銭払わにゃ 帰られぬ」
まだまだありますが、今日はこれまで。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

荒カワウソ静香ちゃん

久しぶりに昨夜、荒川静香さんの姿をテレビで見た。
トリノの五輪唯一の金メダリストで、頂上を極めてあまり間を置かずに引退したため、今でも「金メダリスト」として燦然と輝き、皆の心にも残っているのだ。
見事な引き際を見せてくれた唯一のアスリートではないかと私は思っている。
あの時のイナバウアーは凄かった。

なにせ隣りの婆ちゃんまで縁側でのけぞっていましたっけ。
そこで「婆ちゃんもイナバウアーですか?」と聞くと「そうじゃねえ、オラ、目薬さしてんだ〜」ときた。
そこで婆ちゃんの顔を良く見ると、アレ? 口を開けて目をつむっていましたけどね。

そしてそして、この写真をご覧て下さい。
かわうそ
あの時新聞に、高知県の動物園で「カワウソがイナバウアーをしていると、写真付きの記事が載っていたんです。
その名も「荒カワウソ静香」ちゃんと言うから笑っちゃう。
実はこの記事、私の数多ある口演ネタファイルの中に、昨日偶然見つけたものなんですが、何気なく開いていたその中に見つけたのは、本当にほんと〜うに偶然でした。

そして、時同じくして偶然も偶然「日本にはいないはずの、野生のカワウソが長崎の対馬でその姿が撮影されたという。
このこととの偶然性にもビックリしている私ですが、国内で生きたカワウソの姿が確認されたのは38年ぶりで、プロポーション、顔だちそのものから「絶滅したとされている『ニホンカワウソ』の可能性もあるとのこと。
乱獲や生息環境の悪化で激減し、5年前に環境省は「絶滅種」に指定したが、この撮影に成功した伊澤教授は、野生のカワウソである可能性が高いといっている。
でも、今のところ『二ホンカワウソ』なのか、韓国や中国にすむ『ユーラシアカワウソ』なのかは不明でもあるとのこと。本当の『二ホンカワウソ』であってほしい思いの私です。

そして、そのユーラシアプレートとフィリピン海プレート…と明日につづく予定。

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

8月29日を829で「パニックの日」にしては?

JA、JR、Jアラートと、何でもかんでも J がつきゃあ良いってもんでもないと思うが、じゃあ J アラートって一体何?とおしゃる方も多いでしょう。
調べると、Jアラートとは「全国瞬時警報システム」だそうで、津波や地震などの災害や、外国からの武力攻撃の際に、国が人工衛星と地上回線を使って緊急情報を全国の自治体に伝えるシステムなそうな。
ところがこのシステム自体が、故障してたりトラブったりで機能を果たさないミスも多々あったようだ。

Jアラートで警報、学校での対応は? 問われる危機管理…直ちに行動するとあるが、学校現場ではどのように対応するのだろうか等など、いろいろな課題はあった。なんとお粗末なことか。
もっとも、かつて首相官邸の屋上に一週間もあったドローンに気付かなかったこともあり、政府の危機管理不足は今に始まったことではないが…。

そのJアラートが8月29日の早朝テレビ画面をジャックした。
見たこともない画面に、皆さんは何事かと「パニック」に陥ったことでしょうね。
そして画面には「北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した模様」と、ゴシック体が緊急異常性をさらに演出した。
「あれ〜通過しちゃったじゃん? だったらもう心配ないんじゃない」と思っても、それから各テレビ局が騒がわしくなった。

じゃあどうすれば良いの?といえば、地下に逃げなさい、でもその地下が、近くにも遠くにもなかったらどうすんの?
建物の中に隠れなさい、窓際から離れたところにしゃがんで頭を手で抑えなさいって、あれ〜?何処かで聞いたことがあるな?と思ったら、そう豪雨で裏山が崩れる危険を感じたら…の時と同じだった。

ただ一つ違うのは、裏山が崩れる危険の時は出来るだけ高い所にだったが、今回は出来るだけ地下に、とつまり低い所にだった。
『カタカナのトの字に横の一ひいて 上になったり下になったり』という言葉があるが、こんな感じだったな〜あと思った。

そんな中、専門家が言ってた。
「しゃがんで頭を抑えると同時に耳を塞ぐことが大事」だと、それは「耳を塞ぐのは爆風で鼓膜が破れるから」と
言うけど、鼓膜が破れるほどの爆風だったら人間様身体ごと吹っ飛んでしまうんじゃないの?
「牛にひかれて善光寺参り」なら良いが、「牛に轢かれたら全身打撲」ですからね。
これとて全身打撲間違いなしだと思うよ〜。

戦前派の私は、平に焼夷弾が落ちた時4才だった。夜空に瞬くあのキラキラした光は、4才の子供の目にはあたかも花火のように映った。
それを庭の防空壕で見たのは今でも脳裏に焼きついている。
あの頃はどこの家にも防空壕があって、「空襲警報」のサイレンが鳴ると、みんな壕に入った。入りきれない時、私の父は座敷の畳を組み上げて壕代わりにして身を隠したこともあった。
畳は外的衝撃から身を守るに一番の防護壁でもあり、その時「頭は帽子をかぶるためにあるのではない、頭は生きている内に使うもの」だと初めて知った。私にとっては凄い父だった。
だから私は両親も尊敬していたし、宮様も尊敬している。皇室の宮様はもちろん「タタ宮様」も。

その防空壕も大雨が降ると、中に雨水が入り子供の私はいつもタライ舟に乗せられた。
そしてB29の去るのを待った記憶も未だはっきりとある。

そんな私から言わせると、「戦争を知らない子供達」という歌があったが、その戦争を知らない子供達の机上の空論で、不備だらけのあの避難指示・対策にはとても違和感を覚える。
何のことか分からない「Jアラート」より素直に「警戒警報」でサイレンでも流した方が緊迫感もあってず〜っと分かり良いと思う。

いくら専門家といえども、しゃがんで耳を塞ぐなんてのはとてもナンセンスな話だ。聞いて呆れている私です。
ミサイルが飛んで来たら、その時はその時、頭を下げて耳を塞ぐも良いでしょうが、その時は諦めが肝心です。
でも、ミサイルなんてぜ〜たい絶対飛んで来ないから、心配しないで良いと思うよ。むしろそれを考えたらストレスになって身体を壊し、ミサイルが来る前に死んじゃう。

ここで私は政府に提言したい。
多くの国民がパニクった8月29日を、829で「パニックの日」にしてはと。
…ちなみに、8月29日は愛妻の誕生日でした。(余計なことですが…)

テーマ : お笑いブログ!!!
ジャンル : お笑い

百笑溢喜

植松泰宏

Author:植松泰宏
百笑溢喜のブログへようこそ!
多彩なジャンルで思いのままに書いてみたいと思います。
普段も色々な所で「笑いの出前」をしています。
そこらの笑いと違って「爆笑90分」の口演は他に類を見ない健康笑いで、90分口演なら6回はお話し出来る豊富なネタを持ち、市の生涯学習プラザで全5回の「笑い塾」を開催します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR